女性

優良なネイリスト求人を見極めるポイントを大公開!

  1. ホーム
  2. 工事現場をまとめる仕事

工事現場をまとめる仕事

作業員

国家資格に加え実績も重視

建築現場で工事や品質や工程といったものを管理するマネジメント的ポジションが施工管理です。現場には大工さんを始めとして多くの人々が関わっているため、施工管理によるマネジメントは重要な役割となっています。この職務に採用されるには、施工管理技師という資格に合格する必要があります。施工管理技師は国家資格で、工事の種類別に複数用意されています。企業では業務に合った資格を持つ人材を募集しているので、それに合わせた資格に合格することが採用への近道となります。造園業で働きたいのに電気工事施工管理技師の資格を取得しても意味がないので気を付けてください。基本的には上記の資格さえ持っていれば採用される確率は高まりますが、加えていくつかのスキルに長けていると高く評価されます。特に採用の現場で評価されるのが、これまでの実績や経験といったものです。企業としてはすぐに活躍してくれる人間が欲しいことが多く、どうしても経験重視で採用が行われます。これまでの実績を面接の場でアピールできるよう、自分なりにまとめておくとよいでしょう。一方で経験が少ない人でも、年齢が若ければ採用されやすくなります。中途採用では実績が重視されるので、それ以外の新規採用へ応募するのがおすすめです。資格に加えて、コミュニケーション力がある人も企業は評価します。建築現場では多くの職人さんをまとめて動かしていく必要があります。現場から信頼を得られるようなリーダーシップを備えている人は面接でも合格の可能性が高くなります。